ピアノ教師と珠算教師。2足のわらじの2年間

  • 2018.12.31 Monday
  • 18:13
我武者羅に頑張ってきた2年。
石の上にも3年と言いますが、おそらくあと1年頑張ってみると、
珠算教師としての在り方が分かるような気がします。
ピアノ教師としての生徒さんとの関わり方と、
珠算教師としての関わり方は違う…
それが分かった年でした。
それは、個人レッスンと集団レッスンの違いです。
集団の子ども達は、気が大きくなる子と小さくなる子の両極端です。
どちらに合わせてもうまくいきません。
普段の生活でも、長い間生きてきた感覚で、
人との関わり方、間の取り方を自然にやっています。
深く付き合って、ちょっと疲れてきたら距離を置いてみる。
そんな付き合い方をしている気がします。
珠算の子ども達も同じかな…と感じます。
相手が、慣れすぎて来ているなと感じたら、
ピアノ教室の場合は、個人レッスンなので、良いのですが、
珠算のように集団授業だと、他の生徒まで伝染してしまい、
授業中、まとまらなくなってしまう。
そんな時は、やはり距離を置く。
長年の感覚でやっています。
手探りの2年でしたが、少しずつ分かってきた事もあり、
50も半ばの大冒険。楽しんでいます。
来年は今年より良い年に。体だけは大切に頑張っていきたいと思います。
1年間ありがとうございました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM